メニュー

医療脱毛

[2023.02.04]

当院での脱毛は3機種を用意しております。

1.ジェントルマックスプロプラス(熱破壊式、アレキサンドライト・ヤグレーザー切り替え可)

2.ライトシェアデュエット(熱破壊式、ダイオードレーザ)

3.ソプラノチタニウム(蓄熱・熱破壊切り替え可、3波長ダイオードレーザ)

となります。医療脱毛について長くなりますが色々と触れていければと思います。

 

脱毛とは

レーザーやIPLによる医療脱毛が普及する以前の脱毛は、毛抜きや剃毛、ワックス脱毛といったもので一時的な脱毛で、肌の表面にある毛を処理するものが中心でした。一時的に毛が処理された状態になりますが、毛を作る部分を破壊する施術ではないため、しばらくすると毛が再び生え始め、また毛の処理をしてという繰り返しのものでした。

唯一永久減毛を目指せる脱毛法として、毛包に針を刺し電気を流すことで毛包を破壊する電気針脱毛がありましたが痛みを伴うことと全身になると根気強く施術する必要のある脱毛法でした。

レーザーやIPLによる脱毛が普及することで、永久減毛をより手軽に目指せるようになりました。

レーザーやIPLによる脱毛は黒色の反応しやすいレーザーを照射し、毛包や毛乳頭、バルジ領域などの毛周囲の組織を熱破壊することで毛が生えてこないようにする治療になります。毛には毛周期といって毛の生え変わりのサイクルがあります。レーザー脱毛で破壊できる毛は毛周期のうちの成長期のみで全体の毛の約20%程度といわれ、1回だけでは毛根をすべて壊すことはできません。2-3か月程の期間を開けることで、休止期や退行期だった毛が成長期となり回数を重ねていくことによって、徐々に毛が減っていきます。脱毛に必要な回数は脱毛部位や毛深さなどによりそれぞれです。また、どの程度の毛の状態をゴールとするかによって変わります。レーザーやIPLによる脱毛はメラニンが含まれない白い毛には反応しないため脱毛をすることが出来ません。白い毛への脱毛は電気脱毛を行う必要があります。

レーザー脱毛と光(IPL)脱毛の違い

レーザーは単一の波長で指向性が高くまっすぐに進みますが、IPLでの光は様々な波長を含み、周囲に広がります。レーザー脱毛機、IPL脱毛機とも医療用のものが存在します。海外ではIPL脱毛機で医療機器として承認を受けているものも存在します。IPLは様々な波長を含んだ光が照射されるため、毛根周囲を破壊するのに最適な波長のフィルターを選択することで脱毛を行うことが可能となり、米国ではFDAの承認を得たキュテラ社のプロウェーブなどがあります。

しかしながら、日本国内で長期減毛効果での薬事承認を得たIPL脱毛機は存在しない(他の治療用途での承認を得ているIPLは存在します)ため、IPL脱毛はエステ脱毛という印象が強いです。また、IPL脱毛の光はレーザー光と違い周囲に広がる性質があります。照射時に皮膚と隙間ができてしまったり、肌に対し斜めにプローブを当て、一部が浮いた状態で照射を行うと光が周囲に拡散してしまい出力が大きく低下してしまうため施術者の技術も大事になります。日本国内で承認機での施術を希望する場合は、使用機種についてクリニックで確認をすると良いと思います。

レーザー脱毛の種類

医療脱毛にも照射の方法の違いや使用するレーザーによる波長の違いがあります。照射の方法は1ショットで毛根と毛根周囲(毛乳頭等)を破壊するのに十分な強力なエネルギーを照射する熱破壊式と同じ場所を何度も往復し重ね打ちを満遍なく行うことでじっくりと熱を加えて破壊していく蓄熱式脱毛があります。

熱破壊式脱毛では、皮膚をクーリングし1発1発ごと照射ムラのないようにレーザーを当てていきます。クーリングの仕方は冷却装置を皮膚に触れて照射をする接触型、冷却ガスを吹き付けて冷却をする冷風型があり、機種によりジェルを使用する場合もあります。

蓄熱式脱毛では、皮膚の上にジェルを塗り、接触型の冷却装置を使用し(大部分はハンドピース部、もしくはその周囲に冷却装置が付いています)クーリングしながら、熱破壊式時より出力を下げ、一定のパルス幅(照射間隔)で皮膚の上を滑るようにハンドピースを動かし、レーザーを照射していきます。1か所に一定量のエネルギーを複数回照射行っていきますが、照射の出力や機種により設定は異なります。じわじわと皮下の毛周囲に熱を蓄えていき、毛根周囲を加熱していくことで破壊していきます。

満遍なく、同じ部分を何往復もする必要があるため、プローブを動かす速さや、満遍なく全範囲を照射できるか、プローブの角度など施術者の技量によって脱毛効果が得られにくい場合もあります。

使用されるレーザーの波長はアレキサンドライトレーザーの755nm、ヤグレーザーの1064nm、ダイオードレーザー(機種により使用する波長が異なります)になります。

承認機の機種では、アレキサンドライトレーザーはキャンデラ社のジェントルレーズプロ、ヤグレーザーはアレキサンドライトレーザーとの併用機であるキャンデラ社のジェントルマックスプロ、ジェントルマックスプロプラスが有名です。

波長が805nmのダイオードレーザーを使用したルミナス社のライトシュアデュエット、805nmと1060nmの照射が可能なライトシュアクアトロ、810nmと940nmの2つの波長を照射できるダイオードレーザーを使用したエスクレピオン社のメディオスターネクストプロとメディオスターモノリスになります。

ジェントルレーズプロ、ジェントルマックスプロ、ライトシュアデュエット、ライトシュアクアトロは熱破壊式、メディオスターネクストプロ、メディオスターモノリスは熱破壊式と蓄熱式の切り替え式になります。

未承認機ではありますが、ダイオードレーザーを使用しているものの、3波長(アレキサンドライトレーザーと同じ755nm、ヤグレーザーと同じ1064nm、ダイオードレーザーで実用化されている波長の1つの810nm)を照射するソプラノシリーズ(ソプラノアイス・プラチナム、ソプラノチタニウム)があり、熱破壊式と蓄熱式の切り替えが可能です。

毛の構造と毛周期

毛は皮膚より上の部分を毛幹、皮膚より下の部分を毛根といいます。毛は毛包といわれる毛根を取り囲む組織内で作られます。成長期の毛の付け根のふくらみ部分を毛球と呼びます。毛球の中央を毛乳頭と呼び、その周りを毛母細胞が覆い、その周囲にメラノサイトが存在しています。毛乳頭は毛母細胞を栄養する働きがあり、毛母細胞が分裂増殖することで毛は伸び、メラノサイトが分泌するメラニンによって毛に色が付きます。

 毛包内の立毛筋が付着する部位にバルジ領域といわれる部位に色素幹細胞と毛包幹細胞が存在します。これらの幹細胞は成長期になると毛球部へ移動をし、分裂増殖をすることで毛が作られていきます。

体毛はたくさんありますが、毛には毛周期という生え変わりのサイクルがあり、これを繰り返しています。毛周期は成長期、退行期、休止期を経て脱毛し、しばらくしてから再び成長期となります。各周期の説明をしたいと思います。

成長期とは毛母細胞が分裂を繰り返し毛が作られている時期です。毛乳頭と毛が近くにあり、毛乳頭から豊富な栄養を受け毛母細胞は分裂を繰り返し毛は成長していきます。

退行期とは毛包が収縮し細胞分裂が停止し、休止期へ移るための時期で数週間程です。毛包が収縮しはじめ、毛根と毛乳頭が徐々に離れていくことで、毛母細胞への栄養がいかなくなり細胞分裂が停止し、毛球部が小さくなります。

休止期とは細胞分裂が停止し、毛を作らない時期です。毛包は収縮し毛隆起部(バルジ領域)付近まで小さくなり上昇します。毛と毛乳頭が完全に離れた状態になります。

レーザー脱毛は毛と毛乳頭が近くにある成長期の毛に効果を発揮します。見た目だけでは成長期、退行期、休止期の区別をすることはほぼ不可能です。

脱毛の仕組み

レーザー脱毛はレーザーによる熱エネルギーで毛包の毛乳頭、バルジ領域などの毛周囲の組織を熱破壊することで毛が生えてこないようにする治療になります。

レーザー脱毛には熱破壊式と蓄熱式があります。

従来から行われてきた熱破壊式脱毛は高出力のレーザーを照射することで毛根周囲の組織に熱を伝え破壊をします。その際、毛乳頭やバルジ領域に含まれる幹細胞なども破壊されます。

蓄熱式脱毛は低出力のレーザーを連続で繰り返し照射することで皮下の毛周囲に熱が蓄積され毛根周囲の組織が破壊されます。

 毛には毛周期があり、毛周期のうち脱毛に効果的な時期は成長期といわれています。部位により異なりますが毛全体の約20%程度といわれ、このことが脱毛は1回で終わらない理由になります。成長期や休止期の期間は部位により違いはありますが、目安としては最低2~3か月あけて照射を行っていきます。必要な回数の目安としては5~8回程度で、部位や個人差、毛のゴールの状態により必要な回数がさらに必要となる場合もあります。

 産毛、毛包角が大きい毛(皮膚に対して垂直に生えている毛)、皮膚が厚い部分の脱毛は脱毛が難しいといわれています。深さが深い毛の場合は毛乳頭が皮膚の深くにあるため、レーザーの深達度の深いヤグレーザーでの脱毛が効果的になります。また、毛の太さについても太い毛と比べ細い毛の場合は発熱量がすくなくなるため、毛包周囲を壊すための熱エネルギーに到達するためには出力を上げる必要がありますがそれに伴い火傷のリスクも高まっていきます。男性の髭脱毛はヤグの熱破壊式がいい、産毛に対して熱破壊式よりも蓄熱式の方が効果を実感しやすいといわれる理由の所以でもあります。

脱毛後の毛の抜けるタイミング

医療脱毛の後は毛が自然と抜け落ちていきます。熱破壊式と蓄熱式とでは毛の抜けるタイミングが異なりますので各々説明していきます。

熱破壊式での脱毛後は直後にポップアップ現象といいレーザーの照射直後に毛がピョンっと飛び出し抜け落ちていきます。このポップアップ現象がないからといって脱毛効果がないというわけではありません。その後、数日から2週間かけ、自然に抜け落ちてきます。

蓄熱式で脱毛後はポップアップ現象が起きないため、直後には抜けずに2週間から4週間程度かけて自然に抜け落ちていきます。

照射後は休止期の毛が成長期となり毛が生えてくることによって毛は再び生えそろっていきます。

照射漏れといわれる状態は毛が抜け落ちる期間を経過しても、線状やまとまりで不自然に毛が残っていたり、伸びてきている場合は照射漏れの可能性があります。

照射漏れで再照射の補償がある場合、剃毛をせずに来院してくださいといった指示があると思います。理由としては、照射漏れかどうかの診断ができない点もありますが、マーキングをした上で照射漏れと考えられる部分のみの照射を行わないと、短い期間で再照射を受けてしまう部位が出て副作用のリスクが高まるからです。

硬毛化

レーザー脱毛によって毛の本数は減っているものの、産毛が太く長くなった状態を硬毛化といいます。原因についてははっきりとしたことはわかっていませんが、低出力での照射により多く生じやすいという報告があります。

硬毛化が起きやすい部位としては上腕、背中、肩、うなじ、フェイスライン、前腕、大腿が起きやすいといわれています。硬毛化の発生率は稀ではっきりとはわかっていませんが、0.3%程度という報告があります。

硬毛化がおきてしまった際は、1度脱毛をお休みしたり、波長の長い皮膚の深くまでレーザーの届く脱毛機(ヤグやダイオードなど)や針脱毛へ変更したり、高出力での照射により改善されることがあるといわれています。

脱毛に伴う副反応

赤み・腫れ

 頻度として多いものは照射後の赤みや腫れです。冷やすことで1~2日で落ち着いていきますが、数日続く場合は火傷の可能性もあります。

 

毛嚢炎

 毛嚢炎は皮膚の表面にいる常在菌(黄色ブドウ球菌やマラセチア菌など)が毛包で炎症をおこした状態のことをいいます。乾燥や擦り傷、かみそり負けなどによって皮膚や毛包部にできたわずかな傷から菌が感染し炎症を起こした状態で、毛穴に一致した赤いプツプツを認め、プツプツに中に白い膿を含むことがあります。毛嚢炎は摩擦の多い首や皮脂・汗の多い背中、蒸れて菌の増えやすい陰部やおしり、男性の髭(剃刀後)などに出来やすいといわれています。

レーザー脱毛による毛嚢炎は毛包に熱が加わり、その熱による毛包内の炎症によって直後から毛嚢炎が起こることがあります。また、レーザー照射により一時的に皮膚のバリア機能の低下や毛包が刺激を受けることで、皮膚の表面にいる常在菌が毛包内で炎症を起こし数日から1,2週間程度で毛嚢炎になることがあります。

毛嚢炎は痛みや痒みを伴うことがあります。できてから1週間程で自然に治ることもありますが、悪化すると膿がたまり「せつ」や「よう」といった硬いしこり状になることがあります。切開で膿を出す治療が必要となる場合や色素沈着が残る場合があります。

毛嚢炎の予防には皮膚を清潔な状態に保つことが大事になります。毛嚢炎は皮膚が傷つくことでできるので、剃毛時は剃刀ではなく電気シェーバーなどを使用し、毛穴に負担の少ないもので自己処理をしましょう。

治療は肌を清潔に保ち、赤みや痛みなど必要に応じて、抗菌薬の外用や内服での治療を行います。

脱毛部位の黒子やシミ

脱毛部位にある薄いホクロは照射の際にそこまで気にしないで大丈夫ですが、大きいホクロや色の濃いホクロだとホクロの部分に火傷が起き、ホクロの色が薄くなったり、白く抜けた状態になることがあります。また、色がより濃くなったり、大きさが大きくなることもあります。

シミにも様々な種類がありますが、老人性色素斑への照射は皮膚に沈着したメラニンと反応し薄くなる可能性があります。濃い色素沈着や老人性色素斑への照射は火傷が起きる可能性があり、照射により以前よりさらに濃くなる可能性があります。また、肝斑部分への照射は肝斑の悪化の可能性があります。

気になる部分については、シール等での保護や照射を避けると安全です。

入れ墨、タトゥー、アートメイク

照射をすることが出来ません。照射をすることによって光が色素に吸収され発熱し火傷となる可能性があります。また、レーザーにより色調が変化することがあります。

傷跡修正アートメイクの場合は、色はスキントーンに合わせた色ですが、レーザーの照射により色が変化してしまうことがあります。

入れ墨、タトゥー、アートメイクのある周囲の照射では直上の照射を行っていなくても、ジェル内の伝導等(諸説があります)で色素に吸収され反応することがあります。テープ等で保護を行ってもそのようなリスクがあるため、ジェルを使用しての脱毛の際はしっかりと色素部分と照射部分を離しての照射を行います。

当院では、レーザーがテープを透過しないようビニルテープを使用した上での照射をさせていただいております。

 

注意事項
    • 顔は最短で1ヶ月間隔、その他体は最短で2ヶ月間隔で照射可能です。
    • 生理中はVIO照射ができかねます。
    • 照射後は火傷や毛嚢炎、色素沈着、赤み、かゆみが起こりうる可能性があります。
    • 肌が乾燥しやすくなるため、こまめな保湿を心掛けていただくと、肌を健やかに保つことが出来ます。
    • 当日は入浴やサウナ、運動、飲酒などの血行を促進する行為は控えてください。
    • 男性はVIOを除いた脱毛を行っております。
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME